エアコンが原因の夏バテ対処方法

高温多湿の日本の夏ではだるくて疲れる、食欲がないなどの症状が起こる夏の身体の不調が夏バテです夏バテの原因は一つではく暑さからくる食欲の低下や偏った食生活、多量の汗、睡眠不足が今までの原因でした。
暑さから冷たいものばかり飲んでいると胃酸が薄くなってしまい消化機能が低下してしまって食欲が落ちる悪循環となってしまいます。
ところが最近の原因はエアコンが関係しています。
エアコンが効いた室内と暑い外との温度差から身体が対処できずに身体が混乱してしまい、自律神経失調状態になってしまってます。
エアコンが原因の夏バテ対策では、設定温度の調整を上手に行います。
エアコンのきいた室内と暑い外では身体の変化がついていくことができずに5度以上の温度差が身体の温度調整機能が働かないためエアコンの設定温度は28度ほどにします。
公共の乗り物では温度調整は自分でできないため脱ぎ着しやすい上着を用意して衣類で温度調整します。
湿度が低いと涼しくなるため冷房よりも除湿を心掛けることがおすすえめです。
風があると体表から熱が奪われて涼しくなるため、扇風機を一緒に利用することがおすすめです。
ただし直接身体に風をあてると身体が疲れてしまうため、羽根が動くタイプを利用します。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.