将来的に役立つ画期的な薬を開発しています。

医療業界は日々確実に進歩しています。
治療が困難なことでも研究者の技術力が向上しているので、今後画期的な薬が開発されます。
大阪大学では脳のメカニズムを研究して、脳全体を物凄いスピードで観察しているイメージング装置を開発しました。
イメージング装置を開発することで、神経線維を高濃度で観察することができるようになったので、医薬品の開発も短時間でできるようになりました。
装置を活用しながら、精神薬や神経疾患の開発に向けた研究などへの応用にも期待されているので、色々な医薬品が誕生します。
九州大学では、歯周病の原因菌でもあるジンジバリス菌を全身に投与することでアルツハイマー病体の原因を特定することに成功しました。
金沢大学では、傷ついた胃の修復の必要な組織幹細胞を発見して、胃がんの発生を食い止める効果も明らかになったので、患者の体調を少しでも緩和させる取り組みが行われています。
胃への障害も和らぐので、痛みで苦しむ必要はありません。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.