基本的な医療関係の職種と必要な資格

まず医療関係の職種と言えば第一にお医者さんになり、医師は人々の健康と命を守る役割をする職種です。
医師は主に病院で患者の診察や治療をして、他にも検診や病気の予防をするのが仕事になります。
国家資格という厳しい国で定められた資格が必要で、資格を取得するときは医大を卒業するなど条件があります。
この医師の国家資格の試験には2種類あり、解剖学や生理学・生化学を学ぶのと内科学や外科学などの試験です。
医師の国家資格は年に1回のみの試験がありますが、合格率は大体80パーセントと言われています。
そして高齢化社会になったことで必要な看護師は、医師と共に医療を安全に行うように補助をする仕事です。
看護師は外来業務や病棟業務を始め、手術のサポートをする手術業務も行います。
また専門性が高い業務を行う看護師もいて、専門的な資格がないと仕事ができません。
看護師も医師と同じ国家資格を取得するようになり、合格率は90パーセントで目指しやすい仕事と言えます。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.